換気扇の油汚れ落としに酸素系洗剤サンソリキ。

酸素系エコ多目的洗剤TOP

◆ 換気扇の油汚れ落とし|実例写真 

油汚れ落としの準備 @溶液の準備

流しに封をしてお湯とサンソリキを入れます。
流しに栓がない時は写真のようにビニールを使うと便利。

使用量はお湯1リットルにつき10g程度。

霧吹き使用で油汚れ落とし Aつけ込む

換気扇、周辺の部品、ガスレンジの五徳、魚焼きの網などつけ込みます。

場所はシンクでなくても、ビニール袋にお湯をいれて、サンソリキの溶剤を準備して漬け込めば、お風呂場でも、外でもどこでも自由自在。

熱湯を使用すると効果UP!(火傷にご注意)

これだから便利

≪これが便利だからサンソリキを使います!≫

@つけ置きだけで油汚れが落ちる
Aスポンジ等を使った時スポンジまでがきれいになってる!

油汚れ落とし前の換気扇 ★換気扇油汚れBEFORE

ふと気付くと油まみれの換気扇。

だんだん取れづらくなっちゃいます。

油汚れ落とし後の換気扇 ☆換気扇油汚れAFTER

サンソリキならつけ置きだけで終了!

油汚れが劇的に落ちるのに素手でさわってもOK!排水溝にそのまま流せば、排水溝のぬめり取りに。

気がつかないうちに、見えない排水溝の奥までお掃除できていますよ。

◆ その他の油汚れ落としの実例! 

◆ サンソリキ 商品一覧 

サンソリキ(酸素の力で汚れを落とす洗剤)は・・・
◎ 素手で扱っても手肌は荒れません。
(但し、皮膚病の方・アレルギー体質の方は手袋着用ください。)
◎ 熱(お湯)に強く反応します。
平均40〜50℃のお湯に溶けやすく、反応も活発になります。
◎ 一晩中など長時間つけ込む場合は、ぬるま湯又は水でも充分効果があります。


洗剤のお届けまで

Copyright© LT企画 Web Since2012 All Rights Reserved.